保育士の給料と労働条件

保育士は、保育施設で預かる子供の教育や指導、育成という仕事をし、子供の健康管理や監視という役割があります。
実際の仕事内容として、運動指導、お絵かきの指導、読み聞かせ、お歌の指導、お遊戯、衛生指導、給食の監視、お昼寝の監視、遊び時間の監視、水浴びなどの指導と監視など、その他にも様々な管理や監視に指導を行います。

園児相手ばかりではなく、園の運営にイベントの用意など内務的な仕事も多く、子供という生命を預かる職業で非常に責任の重い仕事となります。

保育士の給与は、月平均で22万円と言われ、平均時給は1250円となります。

満足度の高い保育士の給料の情報源として、このサイトを効率的に利用するべきです。

ボーナスの平均額は年間55万円で、男女平均が310万円の支給額となっています。

BIGLOBEニュースの情報を公開しています。

保育士の給与は労働に比べて低いと言われており、平均勤続年数は7年と比較的短く、初任からのとなると5年未満であることが事実で、離職者の理由として、給料が労働に対して低いという意見が35%で、他には人間関係のトラブルが30%、寿退社が25%、残りの10%が他の仕事に興味が出るなど様々です。
保育施設は、地方自治体により管理されており、公立はもとより、私立の保育施設も給与は自治体から出ており、公務員同様の待遇となっています。

保育士の平均年齢や勤続年数が平均年収を低くしている側面が高く、長期で労働し、役職が付けばそれなりに給料も増え、退職時の退職金も多くなります。



保育士は国家資格であり、保育施設で働くためには有資格者であることが条件であり、長期で働くことや、給与体系が良い施設へ転職することで給料を高くすることも可能でしょう。